A-GRIND大好評!~試打クラブ増量中~

皆様、こんにちはプロショップ店長山室です。
今回は2013年に登場した新興メーカー「A-GRIND(エー・グラインド)」の人気クラブをご紹介します。

A-GRINDは某メーカーのツアーバンでプロクラフトマンとしてツアープロのクラブを製作していた赤穂勇介氏が立ち上げたブランドで、登場以来ジワジワと人気が出始め、昨年ユーティリティを池田勇太プロが使用したことで一気に広まったブランドです。
当店でも昨年秋より取り扱いを始めましたが、その性能はたしかなもので、使用者がどんどん増えています。
特に今回発売されたフェアウェイウッドとウェッジの評判は抜群で,その打ちやすさと構えやすさに、さらにファン急増中です。
今回はそのフェアウェイウッド「FW TYPE-D TITANIUM」とウェッジ「V2ウェッジ」を詳しく紹介します。

まずフェアウェイウッドですが、ヘッド素材に6-4チタンを使用し、フェースには鍛造特殊肉厚加工を採用することでドライバーと同等の反発を実現しています。
3番ウッドで180ccのセミラージサイズということで大変安心感があり、仕上げは今流行のマットブラックにすることで光に反射せず非常に構えやすくなっています。

当店ではこれまた大人気のフェアウェイ専用シャフト「ATTAS IP BLUE FW55」を装着した試打クラブをご用意しておりますが、試して頂いたお客様の反応はすこぶる好評で、「高弾道でドライバー以上に飛んだ!!」や「方向性抜群で曲がる気がしない。」など、今まで難しくて打てなかったスプーンが使えるようになった方が続出しています。

《試打クラブスペック》
FW TYPE-D TITANIUM #3W(15°)
シャフト:ATTAS IP BLUE FW55 S
長さ:43.0インチ バランス:D3 総重量:319.5gm

 

 

 

 

 

 

 

 

次にウェッジの「V2ウェッジ」ですが、これもまた優秀なクラブでツアープロのニーズから生まれた軟鉄鍛造ウェッジです。
よりボールが吸い付くような打感を追求するため、フェースミーリングとスコアライン彫刻を機械で施す為に素材は軟鉄をさらに吟味し、山陽特殊鋼のS25Cを採用しました。
フェースを加工すると、どうしても打感が堅く感じてしまうのですが、炭素含有量が0.24%の材料のみを使用することで柔らかい打感と強烈なスピンの両方を兼ね備えることができました。
最近のストロングロフトのアイアンにも対応可能なロフト設定になっており、48度から2度刻みで60度までのバリーエーションになっています。

試打クラブは52度と58度の2種類をご用意しており、シャフトはこれまたATTASのウェッジ専用カーボンシャフト「ATTAS SPINWEDGE IP」を装着しました。
実際に試打してみて頂いたお客様も、打感とスピンのいいとこ取りに驚かれておられ、大反響頂いています。
スチールシャフトのウェッジでは重たく感じる方や、カーボンシャフトのアイアンセットをお使いの方にはぜひ一度お試し頂きたいウェッジです。

《試打クラブスペック》
V2ウェッジ  ロフト:52度 バンス:10度
シャフト:ATTAS SPINWEDGE IP 80
長さ:35.25インチ バランス:D3 総重量:436.0gm

V2ウェッジ  ロフト:58度 バンス:10度
シャフト:ATTAS SPINWEDGE IP 100
長さ:35.0インチ バランス:D4 総重量:459.5gm

 

 

 

 

 

 

 

 

当店では他にもドライバー・ユーティリティーなど、A-GRIND製品の試打クラブを期間限定(6月18日まで)で通常より多くご用意しております。
この機会にぜひ一度お試しください。

ミズノ JPX900ドライバー~万能クラブ登場!!~

皆様、新年あけましておめでとうございます!プロショップ店長山室です。
今年も皆様に気になるクラブやおすすめのゴルフグッズをブログを通してお伝えしたいと思っております。
よろしくお願いいたします。

新年1回目のおすすめクラブは「ミズノJPX900ドライバー」です。
こちらのドライバー、昨年11月に発売し、当店でもじわじわ口コミで人気が広がり飛距離が伸びると話題のドライバーとなっています。
まずその魅力はなんといっても、ロフト角・ライ角・重心深度・フェースアングルが選択できるという点です。
ということは…。
シャフトさえマッチすれば後はなんとでもなるドライバーなのです。

飛びの3要素はボールスピード、打ち出し角、スピン量です。
このドライバーは買い替えることなく、この3要素を飛距離アップができる理想の状態に変化させる機能が付いています。
特にメーカーが「飛びスピン」覚醒と唱っているとおり、スピン量の適正化は飛距離アップの最大の要素で、ロフト角を7.5度から11.5度の1度刻みのなかから設定し、またソール部のウェイトを6段階にいずれかに配置することによりお客様に最適なスピン量を提供することができるのです。

早速フィッティング試打会でも、その実力は証明されており、ロフト8.5度で重心深度深めのセッティングはヘッドスピード42前後のユーザー様には鉄板ポジションで飛距離アップされている方が続出しています。

今月21日(土)にはミズノ公認フィッターが来場の年2回のスペシャルイベント「ミズノDAY」も行いますので、飛びスピンを見つけたいお客様は、事前予約お待ちしております。

ミズノDAY
クラブフィッティング・GENEMシューズフィッティング
1月21日(土)AM8:00~PM5:00
只今事前予約受付中!!

jpx900

 

 

 

 

mizunoday2017-1

 

本間ゴルフ「ツアーサービスカー」がやってくる!!

皆様、こんにちはプロショップ店長山室です。
前々回のブログで前振りさせて頂いたシークレット情報ですが…。
2年振りにあの「赤い車」が当ゴルフクラブに帰ってくるんです!

そうです!来たる11月19日土曜日・20日日曜日にホンマ「ツアーサービスカー」が再びやってきます!

今、大活躍のイ・ボミプロや笠りつ子プロ、谷原秀人プロなどを支えるツアープロサポートスタッフが
お客様のクラブの悩みを解決します!

アイアンのロフト角・ライ角クラブの調整はもとより(ホンマ製品に限ります)
クラブ作製の場合(ドライバー・フェアウェイウッド・ユーティリティ限定)お客様のご要望に沿って
専用のジェルをヘッド内部に入れ、加重重量や重量配置箇所を調整します。
また、お客様の手の大きさや症状に合わせて、グリップの太さやアングルも調整しグリップを装着します。
詳細は下記URLにて
http://www.honmagolf.co.jp/jp/event/servicecar.html

他メーカーではイベント用のサービスカーで本当にトーナメント会場に出向いていないものもありますが、ホンマは違います!
その週に開催の「大王製紙エリエールレディスオープン」の会場である愛媛県松山市からウィークデーに契約プロのクラブ調整をした後、直接、高雄ゴルフクラブにやってきてくれます。

また、1階中央打席にてクラブフィッティングイベントも同時開催いたします!
本間ゴルフ公認クラブフィッターが、あなたのスイングやマイクラブのご使用状況、目指すゴルフのスタイルなどをお聴きし、さらに最新機器による弾道データを活用しながら最適なクラブをお選びします。

ということは…。

そうなんです。フィッティングを受けたあと、すぐさまツアーサービスカーで診断結果に基づいたクラブを作製できるんです。
まさにツアープロと同様のサービスが受けられるスペシャルイベントなんです!

こんな機会めったにありませんので、ぜひクラブにお悩みの方はご参加ください。
フィッティングは事前予約が必要になりますので(2日間12名限定)、ご予約はプロショップまでご連絡くださいませ。今なら空き時間ございます、お早めにご連絡ください!

%e3%83%9b%e3%83%b3%e3%83%9e%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%93%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc

 

 

カルカタ(軽硬)試打クラブ完成!!(GIGA HS797 AUGA 5X)

皆様、こんにちはプロショップ店長山室です。
今回はフィッティング試打会で使用する、昨今流行している「カルカタ(軽硬)クラブ」の試打クラブをご案内します。

メーカーが試打クラブとして供給するクラブは、一般的なスペックになることが大半です。
例えば、メーカーはそのドライバーのターゲットユーザーが打球が上がらず、スライサーを対象にしたクラブならばほとんどが軽量シャフトの柔らかいRシャフトのハイロフトクラブを試打クラブとして用意してきます。
逆に打球がふけ上がり、左に行くミスを怖がるアスリートゴルファーを対象にしたクラブならば、試打クラブのほとんどが重量のあるシャフトで、しっかりしたSシャフトのローロフトクラブを用意してきます。

しかしながら私が実際フィッティングをしていくなかで、この2パターンに当てはまらないお客様がおられます。
今回、試打クラブを作成したのは、いわゆるカルカタ(軽硬)クラブというもので、当店でも人気急上昇中のシリコンチタン採用のイオンスポーツGIGA「HS797」にこちらも話題の高弾性シャフト「AUGA」の軽量50グラム台のXを入れてみました。
皆様、フレックスXと聞くと尻込みされるかと思いますが、実はこれいいんです!
フィッティングでも該当するお客様にお試しいただいたところ、大反響いただいています。
特に上半身の力で打つヘッドスピード42前後のお客様には最適で、サイドスピンが掛からず力強い直進性がある棒球が出ます。
このシャフト「AUGA]は高弾性シート90tを採用しているので、軽量シャフトにありがちな切り返しでのたるみやよじれを感じる事なく一気に振り切れるんです。
またGIGAの特長であるシリコンチタンによるインパクトの心地よさがたまりません。
カルヤワ(軽柔)シャフトで方向性が安定しない方、60グラム台のシャフトをご使用で振り抜き感を感じない方、ぜひ一度お試しください!

《試打クラブスペック》
イオンスポーツ GIGA HS797 ドライバー
USTマミヤ AUGA5 FLEX-X
グリップ:インスパイラルグリップ
総重量:299.5gm 長さ:45.75インチ バランス:D-3

topbanner-hs797

 

 

 

 

slide_auga

「絶対、引っかけたくないシャフトが当店にはあります!!」

今回は三菱レイヨンより8月5日に発売されたNEWシャフト「ディアマナBFシリーズ」をご紹介したいと思います。

2004年発売以来、ツアープロが求めるシャフト作りをコンセプト発売し、好評のディアマナシリーズですが、今回のモデルが第四世代の第一弾となります。
ディアマナのは3つのタイプ(青マナ系・赤マナ系・白マナ系)がラインナップされていますが、BFシリーズはBシリーズ、いわゆる「青マナ」系に位置づけられます。

早速、シャフトが入荷しましたので、こちらも当店で大人気ヘッドの「ロマロRAY-V」・「カムイTP-09D」・「ヤマハRMX116」に装着し試打クラブを4本作製しました。

① ロマロ RAY-V ディアマナBF50 LOFT:10度 FLEX:S 45.5インチ 307.5g D-2
② カムイ TP-09D ディアマナBF60 LOFT:10度 FLEX:S 45.5インチ 310.0g D-2
③ ヤマハ RMX116 ディアマナBF60 LOFT:10.5度 FLEX:S 45.25インチ 312.5g D-2
④ ロマロ RAY-V ディアマナBF70 LOFT:9度 FLEX:S 45.5インチ 317.0g  D-3

こちらの4本、フィッティング試打会でデビューしたところ大絶賛の嵐です!
従来の「青マナ」の特長である手元側と先端側のしっかり感が、万人向けのクセのない挙動を演出しているのはもちろん、今回のBFシリーズには、三菱レイヨンお得意のシャフト手元側には超高弾性ダイヤリード、先端にはボロン素材が採用されているので、しっかりした中にもゆったりとした味付けがされていてタイミングがとても取りやすくなっています。

北原プロにもロマロヘッドに装着した70Sシャフトを試して頂きましたが、引っかけする脅威がなく、安心して振り抜け、強い球が出るとの事で高評価を得ています。
最近流行の先端が加速するシャフトが苦手で、一旦受け止めてから弾く感覚、「撥ね返すインパクト」を求める方には、最適なシャフトと言えると思います。
スピン量を減らして飛ばしたい方、球筋を打ち分けたい方、引っかけのミスを軽減したい方、是非一度お試しくださいませ。

シャフト選びのご相談は当店大人気のフィッティング試打会にご参加くださいませ。
8月残りの開催は…
8月21日(日)AM8:00~PM5:00
8月27日(土)AM8:00~PM5:00
です。
ご来場お待ちしております。

ディアマナBF