OUUL(オウル)バッグ 日本初上陸!

皆様、こんにちはプロショップ店長山室です。
今回は2016年に登場した新興のバッグブランドで、今年の米国PGAショーでグローバルデビューをし、先月日本初上陸を果たした話題のOUUL(オウル)ご紹介します。

最近キャディバッグを新調したいお客様の中でよく聞く会話として、ブランド名がサイドにドカッ!と入っているものを敬遠される方が増えてきています。
また、あまり他の人が持っていないキャディバッグを持つことで優越感を感じたい方も増えてきています。

そんなお客様にピッタリのキャディバッグがこの「オウル」です。

オウルといってもなかなかピンと来ない方も多いとおられますが、20年以上も前から大手ゴルフメーカーのキャディバッグを製作している老舗ブランドで、オジ●やタ●トリ●トのツアーバッグなどを製作していました。
例えばスタンドバッグで足を倒した時に底が曲がることで倒れにくくする構造、これはオウルが特許を持っています!

そのオウルが満を持してオリジナルブランドとしてデビューし、『ファッション性と機能性の融合』をコンセプトに、ロゴを前面に出さず、どんなライフスタイルのゴルファーにも支持される飽きのこないデザインで新しいバッグを開発しました。

当店ではデビュー前からいち早く取り扱いを希望しておりまして、この度正規販売店として展開することができました!

充実のラインナップでご用意しておりますので、ぜひ実物をご覧にお越しくださいませ。

TRI-ONE IRON Dr.D2発売!!~手打ちぐせ矯正練習アイアン~

皆様、こんにちはプロショップ店長山室です。
今回はロイヤルコレクションから発売されました話題の練習用アイアン、「トライワンアイアン・ドクター・ディーツー」をご紹介します。

こちらのアイアン、一見すると普通のアイアンに見えるのですが、なにせ重いんです。
通常のスチールシャフト装着の7番アイアンは420g程ですが、このアイアンはなんと約680gもあります。
そしてアイアンの名称にもあるように一般的なスチールアイアンのバランスである「D2」を確保しています。

これにより下記の3つの効果が期待できます。

①クラブの重量があるため、手先でクラブを上げるクセを矯正し、体全体を使うスイングを身につけることができる。(実際にボールを打つこともできる。)
②D2バランスなので振りやすく、スイングバランスも良くなります。ほとんど違和感なく実際のクラブに持ち替えることができる。
③クラブの重量があるため、スイングパワーが鍛えられる。(6~7割程度のスイングを心がけてゆっくり振る効果大。)

そして細かい部分では、シャフト手元部分を赤色と黒色に色分けしていますので、フェースの向きのチェックもできます。

このありそうでなかった万能練習用アイアン、「トライワンアイアン・ドクター・ディーツー」、当店では実際にお試し頂けるサンプル品もご用意しておりますので、まずは一度お試しいただき、その効果を体感してみてください。

「ミズノ×241CO.コラボキャディバッグ限定発売」~Made in Japan 倉敷~

皆様、こんにちはプロショップ店長山室です。
今回は2月に数量限定で発売されましたミズノのフレームウォーカー・コラボ企画キャディバッグ「241.CO(ニーヨンイチ)」をご紹介します。

まずはキャディバッグ(写真)をご覧になってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

そうです。デニム生地なんです。しかもホワイトデニムです!
『ジーンズの聖地』とも呼ばれる岡山県倉敷市児島の有名ブランド「241.CO」がミズノとコラボレーションしたもので今回が第4弾シリーズとなります。
ご存じの方も多いとは思いますが、岡山県倉敷市の児島地区は国産デニム発祥の地で、その中でも241.COはヴィンテージ加工やダメージ加工が特長の大人気ブランドなんです。

今回のコンセプトはズバリ「15年もの」ということで、特殊なダメージ加工により15年使い続けた色を再現するため、職人が一つひとつすべて手作業で手掛けて作成しています。

下記のURLから作成中の動画を見ると、その拘りを感じ取っていただけると思います。
http://www.mizuno.jp/golf/bags/framewalker/241/index.html

そしてこのデニム生地を際だたせるのが、ミズノで大好評の「フレームウォーカー」で、特長のアルミフレームが高い安定性と強い強度でバッグを保護してくれます。
スタンドバッグの弱点でもある車に載せたときやコースでのカート上でも安心して使用できます。

今回はホワイトとグレーの2色の展開で数量限定商品となっております。
当店では1本ずつ確保できましたので、ご興味を持たれたお客様はお早めにご連絡くださいませ。

「3パット撲滅パター誕生」~PING「SIGMA Gパター発売」~

皆様、こんにちはプロショップ店長山室です。
今回は3月24日に発売されましたPINGの最新パター「SIGMA Gパター」シリーズをご紹介します。

とにかくこのパター、なにが凄いかといいますと、打感がすこぶる柔らかいんです!

ピンの調査では77%のゴルファーが柔らかい打感を好んでいるとの結果から、周辺部を浅くするピン独自の技術を施した約0.76㎜の極薄アルミニウムに、約3.68㎜の「ペバックス」というゴムとプラスチックの性質を合わせ持つエラストマー素材をフェースに搭載しています。
これによりインパクト時のボールとの衝突を和らげ、余分な振動を抑えると同時に反発力を向上しています。
私も実際に打ってみましたが、まさに硬いゴムという印象で、芯のある柔らかさを感じ心地よい打感でした。

そしてさらにビックリしたのが、ミスヒットしたときの転がりの良さです。
これもピン独自の最新設計である曲線を組み合わせた「TR溝」がフェースに削り出しされており、打点を外して打っても初速があまり落ちず、カップに近づいてくれます。

まさに「3パット撲滅パター」といっても過言がないパターだと思います。
使用している契約プロの鈴木愛プロが昨年の年間平均パット数とバーディ数で1位を獲得したのも納得です。

モデルもブレード型からL字型・マレット型・ネオマレット型など、全16種類のラインナップを用意して、幅広いニーズに応えています。
一度に16モデル同時発売するメーカーの本気度は間違いなく、ぜったいオススメです!

当店ではフルラインナップでご用意しておりますので、ぜひ一度プロショップ・パターコーナーでお試しくださいませ。

 

 

 

 

 

マルマン シャトルNX-1シリーズ発売!

皆様、こんにちはプロショップ店長山室です。
今回は1985年に誕生し、今なお根強い人気のマルマン「シャトル」シリーズの新作『シャトルNX-1』をご紹介します。

長年ゴルフをされてきたお客様のなかでは、シャトルシリーズといえばまさに「お助けクラブ」というイメージがあると思います。特にフェアウェイウッドはその代名詞ともいえるもので、ロングアイアンやミドルアイアンの代わりにバッグに入れている方も多いと思います。

この度3月10日(金)に発売されました新作『シャトルNX-1』はフェアウェイウッドはもとよりドライバーとアイアンの性能が格段にアップしています。

まずはドライバーですが、スイートエリアがとにかく広いんです!

一般的なスイートエリアに比べ、飛びのエリアが40%拡大しておりミスヒットに強く安定した飛びが得られます。
秘密はマルマン独自のヘッド設計「シン・ウェイブクラウン設計」で、クラウンのフェース側付近を薄肉化し、チタンとカーボンの接合部分を波形にしています。
これによりインパクト時のたわみを増大させ、さらにフェースの裏側部分にクモの巣状の凹凸構造「スパイダーウェブフェイス設計」を採用することで高初速エリアの拡大とオフセンターヒット時でも力強い初速をもたらせます。

特に横の打点にバラつきがあることで、サイドスピンがかかりスライスやフックに悩んでいるヘッドスピードが38m/s前後(Rシャフトの場合)のお客様には最適なクラブと言えると思います。

次にアイアンですが、こちらはメーカーのキャッチコピー通り、まさに「ラクラク、ぶっ飛びアイアン」です。

最近、飛距離追求型のアイアンは各メーカーから発売されていますが、シャフトの長さに振り負けてスライスしたり、番手以上の距離がでるものの弾道が低くなりグリーンにのっても止まらず苦労する方も多かったと思います。
こちらのアイアンはその悩みを解消するもので、一般的な同形状のモデルと比べ、ソール内部に斜めに彫り込んだスラントグルーブを採用し、フェイスのたわむエリアを拡大しています。これにより下部のミスヒットでも初速が維持され、打点がブレても飛距離ロスせず球が上がります。
さらに一般モデルよりも約40g軽量化されたトリムブレイドを採用し、加えてネック部分をショートネック化したことで脅威の低重心化を可能にし、ストロングロフト(7番アイアンロフト:27度)でも十分に球が上がり飛距離が出る構造となっています。

さっそく試打をして頂いたお客様からも好評を得ており、プラス2番手の飛距離アップに大満足のお声を頂いています。

最近、話題の新製品はプロ仕様からの開発で発売されたものが多い中、このシャトルはまさにアマチュアゴルファーのお助けクラブとして開発設計されていますので、背伸びせず楽にスイングして飛ばしたいお客様にはうってつけだと思います。

当店ではドライバー、アイアンともに試打クラブが入荷していますので一度お試しくださいませ。

ゼウスインパクト ドライバー&ボール同時発売!!

皆様、こんにちはプロショップ店長山室です。
今回は「昔のように飛ばなくなった」「飛ばなくなりゴルフがつまらなくなった」といったシニアゴルファーの嘆きを解消する、とっておきの新製品をご紹介します。

あと10年は戦える。ルールを越えた飛び!
未体験の飛距離性能、キャスコ「ゼウス インパクト」デビュー
ドライバーとボールで大幅飛距離アップ!!

 

 

 

 

 

まずはドライバーですが、試打してみたところ反発力がハンパなく、初速があきらかに違います。
素材は15-3-3-3チタンの偏肉フェースでフェースセンターは2.7㎜の薄さということでルール値を超える反発係数0.851の超高反発ヘッドとなっています。
またヘッド体積もルール値を超える485mlの超大型ヘッドを採用し、パールホワイトの塗装との相乗効果もあり、安心感抜群でスイートスポットも最大級の広さとなっています。

シャフトもこだわりの軽量シャフトを装着しており、東レ㈱のカーボン繊維「トレカT1100G」に「ナノアロイ」技術適応の高強度樹脂を使用した極薄素材を採用し、トルクを抑えつつ強度を維持したオリジナルシャフトとなっています。

今回試打したRシャフトでいえば、ヘッドスピード40m/s以下の方でしたら、ほぼ大半のお客様がお持ちのルール適合クラブより10ヤード以上の飛距離アップは理論上間違いないと思います。

《スペック》 #1W 10.5°R 長さ:46.25インチ バランス:D0 クラブ重量:270g
※ヘッドスピード45m/s以上のお客様はクラブの保証対象外となります。ご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

次にボールですが、こちらもルール外の飛距離追求ボールでとんでもなく飛びます!
他メーカーの非適合ボールと違い、ソフトフィーリングを維持している点がさすがキャスコという味付けで、新配合された高初速デュアルコアと高初速カバーが反発係数0.840を実現し、日本製3ピースボールとなっています。
じつはこのボール、公認球(42.67mm)よりわずかに小さい直径42mmのスモールサイズでなんです。(昔のスモールボールよりは大きいです。)
これにより空気抵抗が2%減少し、比重は通常ボールと同等のままに軽量化することで、ヘッドスピードが遅いゴルファーでも球が上がりやすく、初速が出て大きな放物線を描いて飛距離が伸びるというしくみになっています。

 

 

 

 

 

 

メーカーのテスト結果では、適合クラブと適合ボールの組み合わせに比べて、ゼウスインパクトのドライバーとボールの組み合わせで、ボール初速が5.8m/sアップ。飛距離は43.2ヤード伸びる結果が出ています。
まさに昔の飛距離をよみがえさせる最高のマッチングであると思います。

どちらもルール適合外の商品ですので、R&A規則に則った競技では使用できませんが、プライベートゴルフでは使用できますので当店にある試打クラブをお試しいただき、驚異の飛びを体感してみてくださいませ。

パッティングチューター~松山英樹プロ愛用パター練習器~

皆様、こんにちはプロショップ店長山室です。
今回は当店で人気爆発中のパター練習器「パッティングチューター」をご紹介します。

 

 

 

 

 

こちらのパター練習器ですが、2016年シーズン後半から松山英樹プロも使用している練習器で、只今の快進撃を支えるパター絶好調の背景には、この練習器との出会いが大きいと言われています。

この練習器を考案したDave・PeizはP.ミケルソンのコーチとしても有名で、ショートゲームの巨匠ともいわれておりあのオデッセイ2Ballパターを開発した人物です。
彼はパッティング研究30年の結果、どんな距離のパッティングでも15センチ先を正確にストロークできればカップイン確率が高くなり、重要なのはスイートエリアでのヒットが理想的な転がりを生むという理論を提唱しています。

この理論をもとに開発されたパッティングチューターは現在、米ツアーで50人以上が愛用しており、細くなったボードの先の方に鉄球が配され(詳しくは画像にて)、その間を通せるようになることで、わずかな打ち出しのブレもなくなるというものです。(レベルは3段階あり)

 

 

 

 

 

 

 

私も試しましたがこれが難しく、正確なストロークが出来なければ、ほぼ鉄球にあたってしまいます。
なんと松山プロは両手での練習に加え、左右の手の力感がバラつくのとストロークが乱れることから片手打ちでも練習しています。
当店入荷後、北原プロにも試していただきましたが、パッティング向上の練習器として大絶賛で、もくもくと練習していました。

専用バッグ(画像参照)にいれて持ち運びも簡単ですので、ラウンド前のパッティンググリーンでも、ご自宅のカーペットでも使用できます。
もちろん当店のパターコーナーでも使用できますので、ぜひ一度お試しくださいませ。
(サンプル品ございますので係員までお尋ねくださいませ。)

 

 

 

 

 

 

メンテナンスマンスリー始まりました!~グリップ交換工賃無料キャンペーン~

皆様こんにちは、プロショップ店長山室です。
今回は本日より始まりました「メンテナンスマンスリー」イベントをご案内します。

皆様、この寒い時期のラウンドでグリップがカチコチになっていませんか?
どうしてもこの時期は気温低下や空気が乾燥していることもあり、主に合成ゴムを使用しているグリップは硬化気味になってしまします。
硬いグリップで握ると滑りやすく、シャフトがしっかりしているように感じて、無駄な力が入るといった事もよくあります。

グリップは、ゴルファーがゴルフクラブと接する唯一の部分で、太さや硬さ、素材によって握り心地が大きく変わり、同じクラブを使っていてもグリップが変われば振り心地も変わります。
またグリップの重量も様々で、20グラム台から60グラム台と大きな差があり、交換したグリップの重量が元々のグリップの重量と違う場合、総重量・バランスに影響してきます。
せっかく調子が良かったクラブもグリップ交換後にスペック値が変わり、合わなくなったという声もよく耳にします。

そんなお客様のお悩みを解消するべく当店では2月中、昨年も開催し大好評を頂いた「メンテナンスマンスリー~グリップ交換工賃無料キャンペーン~」を今年も行います!
期間中、打席受付時にお渡しする引換券をご持参の上、当プロショップにお越しいただくとグリップ交換工賃を無料とさせていただきます。
グリップの種類も豊富なラインナップで、ゴルフプライド・イオミックをはじめ当店販売実績NO.1のSTMや最近人気急上昇のラムキンZ5やロアジャパンXROZなど、様々なご要望に応えられる品揃えでご用意しております。

冬の硬化対策はもとより、春のシーズン前のグリップ新調をお考えのお客様、ぜひご利用くださいませ。
専門スタッフがご相談に乗らせていただきます。
%e7%84%a1%e9%a1%8c

 

ミズノ ウェア新素材「テックフィル」~最強防寒ウェア~

皆様こんにちは、プロショップ店長山室です。
今回は前回のドライバーに引き続き、同じミズノのウェア新素材「テックフィル」をご紹介します。

皆様、この寒い時期のラウンドにはどのようなウェアで防寒対策をしておられますでしょうか?
最近ではダウンを着用してプレーするスタイルがすっかり定着してきましたが、デメリットを感じてラウンドされている方も多いと思います。
例えば,中綿の分厚さでスイングが窮屈になったりや、雨が降った時に保湿性が低下し、乾きにくく乾いてもふくらみが戻りにくいというような弱点があります。

ミズノが開発した新素材「テックフィル」は繊維内を空洞にすることで温かい空気を長く溜め込んで保湿性を高めるという構造によってダウンのような温かさを可能にしながら、一方で濡れても繊維自体が水を吸いにくいので、保湿性能の低下を抑えるとともに、ふくらみの低下も抑制します。
これにより家庭洗濯もできますので汚れを気にせずプレーできます。

以前のブログでもご紹介したイオンスポーツ「ヒートラブ」アンダーウェアとの組み合わせで着用すれば、まさに冬のラウンド鉄板ウェアになること間違いなしです!
今の季節にピッタリの「テックフィル」ぜひお買い求めくださいませ。

feature_img_00

ミズノ JPX900ドライバー~万能クラブ登場!!~

皆様、新年あけましておめでとうございます!プロショップ店長山室です。
今年も皆様に気になるクラブやおすすめのゴルフグッズをブログを通してお伝えしたいと思っております。
よろしくお願いいたします。

新年1回目のおすすめクラブは「ミズノJPX900ドライバー」です。
こちらのドライバー、昨年11月に発売し、当店でもじわじわ口コミで人気が広がり飛距離が伸びると話題のドライバーとなっています。
まずその魅力はなんといっても、ロフト角・ライ角・重心深度・フェースアングルが選択できるという点です。
ということは…。
シャフトさえマッチすれば後はなんとでもなるドライバーなのです。

飛びの3要素はボールスピード、打ち出し角、スピン量です。
このドライバーは買い替えることなく、この3要素を飛距離アップができる理想の状態に変化させる機能が付いています。
特にメーカーが「飛びスピン」覚醒と唱っているとおり、スピン量の適正化は飛距離アップの最大の要素で、ロフト角を7.5度から11.5度の1度刻みのなかから設定し、またソール部のウェイトを6段階にいずれかに配置することによりお客様に最適なスピン量を提供することができるのです。

早速フィッティング試打会でも、その実力は証明されており、ロフト8.5度で重心深度深めのセッティングはヘッドスピード42前後のユーザー様には鉄板ポジションで飛距離アップされている方が続出しています。

今月21日(土)にはミズノ公認フィッターが来場の年2回のスペシャルイベント「ミズノDAY」も行いますので、飛びスピンを見つけたいお客様は、事前予約お待ちしております。

ミズノDAY
クラブフィッティング・GENEMシューズフィッティング
1月21日(土)AM8:00~PM5:00
只今事前予約受付中!!

jpx900

 

 

 

 

mizunoday2017-1