インパクト後の「押し感覚」

皆様こんにちは、今回はドアスイング(横振り)が修正され、インパクト後にボールを押す感覚が身につく方法について説明します。

 

強い球を打つにはインサイドアウトの方向に出していく「押し感覚」が決め手となります。

 

ダウンスイングでたたんでおいた腕を一気に伸ばすことでパワーを解放させる感覚です。

最初のうちは目標よりも右に飛ぶ「プッシュアウト」が多く出るかもしれません。それでも、インパクトゾーンの長さが伸び、フェースターンが体に馴染んでくると、次第にドローボールが打てるようになります。

インサイドアウトの軌道であればインパクトからフォロースルーにかけて両腕がきれいに伸びていきます。

フォロースルーで両腕が縮んで伸びない方は是非、図のようなインパクトゾーンを意識して練習してみて下さい。

 

%e3%83%91%e3%83%af%e3%83%bc%e5%8a%b9%e7%8e%87%e3%82%92%e4%b8%8a%e3%81%92%e3%82%8b

スイングドリル

皆様こんにちは、今回はスイングを正しく行うための習得ドリルを紹介致します。

 

7番アイアンを半分ほどの長さに持って振ります。

短いクラブを持った体勢では、腕をしっかり使わないと振れません。

体が起き上がったり、左右にブレる人は、正しい動きが取れていない証拠です。

 

この姿勢でもちろんボールを打っても構いません。

上手く打てれば正しく腕が使えています。

 

一度、図のように試してみて下さい。

 

(図を参照)

%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%89%e3%83%aa%e3%83%ab%ef%bc%91

クラブヘッドの使い方について!!

皆様こんにちは、今回は前回に引き続き両腕の使い方プラス、クラブヘッドの使い方についてです。
まず、クラブを体の前に突き出して、ヘッドの先端部を上に向けます。
この構えができたら前回の腕の動きを意識して、肘から先の前腕部を左右に回してみましょう。
クラブフェースは右に回すと上を、左に回すと下を向きます。
このように腕を使うとヘッドがターンします。
この両腕とヘッドの動きがインパクト時の動きとなるのです。
一度、図のようにヘッドターンを意識して腕を使ってみて下さい。
%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%89%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%b3