肘から前腕の動き!!

皆様こんにちは、今回は正しい肘から前腕の動きについてです。

 

正しく腕を振るためには、肘から先の前腕部の筋肉を緩めて体(土台)を中心にし、手首の関節を柔らかく使い、クラブを右から左(自分から見て時計回り)にクルクル回せているかということが大切です。

 

クルクル前腕を回すことにより、クラブ重量を活かした遠心力でクラブを素早く振ることができます。

 

腕の関節をロックしてしまうとクラブを素早く振ることができません。

(図を参照)

是非、参考にしてみて下さい。

 

%e5%89%8d%e8%85%95%e3%81%ae%e5%8b%95%e3%81%8d

テークバックのタイミングの取り方!!

皆様こんにちは、今回はバックスイング時のタイミングの取り方についてです。

 

テークバックの基本動作を作るコツは、まずルーティーンの中に足踏みを入れて左足に体重が乗った瞬間にスタート(クラブを上げる)することです。

こうすることにより身体の左サイドとクラブの引っ張り合いが生まれ、左サイドの緩みがなくなります。

 

アマチュアの多くは、ルーティーンの中で足踏みをしていても右足に体重が乗った瞬間にスタート(クラブを上げる)される方が圧倒的に多いです。

右足に体重が乗った瞬間にクラブを上げると身体が右に流れ「オーバースイング」・「シャフトクロス」の動作を引き起こす要因にもなります。

(図を参照)

是非、参考にしてみて下さい。

 

%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%ae%e5%8f%96%e3%82%8a%e6%96%b9

初心者の方に必見!!

スイングはアドレスの変形にすぎない。

 

図のようにクラブを持ってアドレスして下さい。

そして、スイングする意識はもたず、クラブを左右に大きく揺するようにして動きます。

これは、スイングというよりアドレスの変形。

しかし、この動作こそスイングの基本となる動きになります。

クラブを右に揺すれば頭は左、左に揺すれば右に残る。

誰もが、このような動きになるはずです。

 

(図を参照)

 

%e5%88%9d%e5%bf%83%e8%80%85%e5%bf%85%e8%a6%8b%ef%bc%81%ef%bc%81%ef%bc%92

%e5%88%9d%e5%bf%83%e8%80%85%e5%bf%85%e8%a6%8bx

初動の動きに悩まれている方は是非、こちらの動きを参考に一度、試してみて下さい。

パッティングストロークのポイント「低く長く」

皆様こんにちは、今回は前回に引き続きパッティングストロークについてです。

※ストロークのポイント

・フォローは低く長くヘッドを出す

パッティングもアプローチと同じで、パットでもフォローは低く長く出します。

ヘッドが早く上がることでトップになり、ヘッドが上から入るとインパクトでボールが跳ねてしまいます。

ヘッドの動きが悪くなると、距離・方向ともに合いません。

パターにもフェースのロフトが3~4度あるので、このロフトを正しく使って転がすには、低く長いフォローが絶対に必須となります。

(図を参照)

 

一度、図のような意識を持って練習してみて下さい。

%e3%83%91%e3%82%bf%e3%83%bc%ef%bc%88%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%89%e3%81%ae%e5%87%ba%e3%81%97%e6%96%b9%ef%bc%89

正しいパッティングストローク!!

皆様こんにちは、今回はパッティングストロークについてです。

パッティングのストロークは、スイングと同じで、パッティングも肩を水平に回す、横回転ではなく、肩を上下さす縦回転のイメージで動かし打つのが正しいストロークです。

テークバックでは、左肩が下がり、右肩が上がる。

インパクトからフォローにかけては、右肩が下がり、左肩が上がる。

このように動かすことにより、パターヘッドの軌道が適度なイン・サイド・インとなり、フェースの芯でボールを捉えることができます。

(図を参照)

 

一度、図のような意識で練習してみて下さい。

 

%e3%83%91%e3%83%83%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0%ef%bc%92

アプローチの精度を高めるインパクト!!

皆様こんにちは、今回はアプローチの精度を高める打ち方についてです。

インパクトからフォローにかけてのクラブヘッドの動きがとても大切です。

フォローにかけてクラブヘッドを低く保つことで、ボールをコントロールすることができます。

ポイントは左腕前腕部(肘下)を左に回し(外旋)、右腕前腕部(肘下)を左に回し(内旋)ながら打ちます。そうすると右腕が伸びてボールを押し出すことができるのでコントロールが良くなります。

手首を横に使う(腕と手首を分離させない)とクラブヘッドが跳ね上げられ、ダフリやトップといったミスが出やすくなります。

(図を参照)

一度、図のような意識で練習してみて下さい。

 

%e3%82%a2%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%81%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%91%e3%82%af%e3%83%88

 

ゴルフスイングは縦回転!!

皆様こんにちは、高雄ゴルフクラブの北原です。

 

今回は前回に続きテークバックについてですが、今回はテークバック時の初動におけるイメージ作りについてです。

スイングは横回転と思われている方が多いと思いますが、ゴルフスイングは横回転の運動ではなく縦回転の運動です。

 

テークバックでは、肩は縦方向に回転します。

よって、クラブを振り上げる動作は少し左肩が下がり、右肩が上がる動きとなります。(図を参照)

 

一度、図のようなイメージで練習してみて下さい。

 

%e5%9b%9e%e8%bb%a2

 

理想のテークバック!!

スイングする上でテークバックの始動は非常に重要な動作の一つです。

バックスイングでインサイドに引くか、それともアウトサイドに上げるかによってその後のクラブの軌道に大きく影響してきます。インサイドに引いてしまうとアウトサイドから下りやすく(オーバースイング、シャフトクロスの原因)、アウトサイドに上がるとインサイドから下りやすくなります。

意識して頂きたいバックスイング動作は、アウトサイド・インの軌道です。

この軌道を意識することでクラブヘッドの重量を活かしたスイングができます。ボールがつかまらないアマチュアの方は特に、手首の角度をキープしたまま、クラブヘッドを持ち上げるような感覚で始動して下さい。

クラブヘッドをシャフトプレーンの外に上げたら、自分から見てクラブを時計周りに動かしてみましょう。この動作を入れてから振り下ろすと、トップオブスイングがオンプレーンのポジションに収まりやすく、ダウンスイングはインサイドからボールにコンタクトすることができます。

一度、図のような意識を持って練習してみて下さい。

%e6%ad%a3%e3%81%97%e3%81%84%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b0%ef%bc%91

インパクトの意識

皆様こんにちは、今回はインパクトゾーンについてです。

ボールを真っ直ぐ飛ばせる秘訣は、インパクトゾーンの長さにあります。

良くアマチュアの方が「クラブヘッドが下から入った」「すくい打った」などと言っておられるのを耳にすることが多いのですが、クラブヘッドは必ず上から下りるので、地面に到達後、再び空中に上がっていきます。

クラブヘッドは下からあたることはなく、どんな時でも上から下に下りてきて円弧を描きます。

その時にクラブヘッドが地面に接触している長さが長いほどインパクトゾーンが長いと言えます。

多くの方がU字軌道の幅が狭く、地面に接触後、急角度で上がっていくことがほとんどです。

ボールをとらえる軌道が「U」字軌道より「V」字軌道に近くなると、ボールに当たる瞬間は点で捕らえることになります。

ボールを打つ際は「点」ではなく「線」で捕らえる意識を高めましょう。

 

一度、インパクトのイメージを図のように変えてみてはいかがですか?

 

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%91%e3%82%af%e3%83%88%e3%82%be%e3%83%bc%e3%83%b3%e6%84%8f%e8%ad%98

 

バンカーショットの打ち方!!

皆様こんにちは、今回はバンカーショットについてです。

バンカーでダフったり、ホームランを打ってしまうアマチュアの方は多いですよね。

コツさえつかめば、バンカーからボールを脱出させることはとても簡単です。

練習で苦手意識を克服しましょう。

まず、バンカーショットに使用するクラブは主にサンドウェッジです。

※構え方

・スタンスは通常のショットと同じように両足かかとを目標線と平行にしたスクエアスタンスをとります。

・スタンスの幅は少し広くし、両足を安定させます。

・フェースの向きは予め少し開けた状態で構え、そのフェースの向きのままグリップします。

(注:女性や非力な方はフェースを開けて構える必要はなく、使用クラブもロフトのないAWを使用するのも有益。)

※打ち方

・テークバックは手先だけではなく、体全体を使ってスタンスに沿って上げる。

・体の回転を止めずにボールの下の砂ごと振り抜く。

・ボールの位置は左足かかと内側の延長線上に置く。

・クラブヘッドの重さを利用し、砂とボールを同時に打つ。

・距離はスイングの振り幅で調節する。

バンカーショットでは、ボールを直接打つのではなく、ボールの手前5~10㎝くらいにクラブヘッドを打ちつけ、インパクト時の砂の爆発力でボールを出します。

バンカーショットは恐れずに自分を信じてクラブを振り抜くことが重要なポイントです。

 

%e3%83%90%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%81%ae%e6%89%93%e3%81%a1%e6%96%b9