クラブヘッドの使い方について!!

皆様こんにちは、今回は前回に引き続き両腕の使い方プラス、クラブヘッドの使い方についてです。
まず、クラブを体の前に突き出して、ヘッドの先端部を上に向けます。
この構えができたら前回の腕の動きを意識して、肘から先の前腕部を左右に回してみましょう。
クラブフェースは右に回すと上を、左に回すと下を向きます。
このように腕を使うとヘッドがターンします。
この両腕とヘッドの動きがインパクト時の動きとなるのです。
一度、図のようにヘッドターンを意識して腕を使ってみて下さい。
%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%89%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%b3

両腕の動き!!

皆様こんにちは、今回はインパクト時の正しい両腕の使い方についてです。

まず、両腕を体の前に上げ、右手のひらが上、左手のひらが下を向くように回します。次に今度は逆の動きで、左手のひらが上、右手のひらが下を向くように回します。

この時に回っているのは、肘先の前腕部分でクルクルと回してみて下さい。

この動きが、クラブを振る時の腕の動きとなります。

両腕は左右に回転させてみましょう。

 

(図を参照)

 

是非、参考にしてみて下さい。

 

%e4%b8%a1%e8%85%95%e3%81%ae%e4%bd%bf%e3%81%84%e6%96%b9

ミスショット修正法!!

皆様こんにちは、今回はミスショットの修正法についてです。

ミスショット(ダフリ・トップ)の原因で多いのは、バックスイングで頭がボールに近づくことにより前傾姿勢が深くなることで引き起こすダフリ、また、その反動で起き上がりが早くなるとトップになります。

アドレスした時のボールと顔の距離を一定に保つ(目で見て距離を認識させる)ことでダフリは防止できます。

ほとんどの方は、ボールを漠然と見ている方が多く、空間距離を意識してスイングをしている方は少ないと思います。

(図を参照)

是非、空間距離を意識してスイングをしてみて下さい。

 

%e7%a9%ba%e9%96%93%e8%aa%8d%e8%ad%98%ef%bc%91

肘から前腕の動き!!

皆様こんにちは、今回は正しい肘から前腕の動きについてです。

 

正しく腕を振るためには、肘から先の前腕部の筋肉を緩めて体(土台)を中心にし、手首の関節を柔らかく使い、クラブを右から左(自分から見て時計回り)にクルクル回せているかということが大切です。

 

クルクル前腕を回すことにより、クラブ重量を活かした遠心力でクラブを素早く振ることができます。

 

腕の関節をロックしてしまうとクラブを素早く振ることができません。

(図を参照)

是非、参考にしてみて下さい。

 

%e5%89%8d%e8%85%95%e3%81%ae%e5%8b%95%e3%81%8d

テークバックのタイミングの取り方!!

皆様こんにちは、今回はバックスイング時のタイミングの取り方についてです。

 

テークバックの基本動作を作るコツは、まずルーティーンの中に足踏みを入れて左足に体重が乗った瞬間にスタート(クラブを上げる)することです。

こうすることにより身体の左サイドとクラブの引っ張り合いが生まれ、左サイドの緩みがなくなります。

 

アマチュアの多くは、ルーティーンの中で足踏みをしていても右足に体重が乗った瞬間にスタート(クラブを上げる)される方が圧倒的に多いです。

右足に体重が乗った瞬間にクラブを上げると身体が右に流れ「オーバースイング」・「シャフトクロス」の動作を引き起こす要因にもなります。

(図を参照)

是非、参考にしてみて下さい。

 

%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%ae%e5%8f%96%e3%82%8a%e6%96%b9

初心者の方に必見!!

スイングはアドレスの変形にすぎない。

 

図のようにクラブを持ってアドレスして下さい。

そして、スイングする意識はもたず、クラブを左右に大きく揺するようにして動きます。

これは、スイングというよりアドレスの変形。

しかし、この動作こそスイングの基本となる動きになります。

クラブを右に揺すれば頭は左、左に揺すれば右に残る。

誰もが、このような動きになるはずです。

 

(図を参照)

 

%e5%88%9d%e5%bf%83%e8%80%85%e5%bf%85%e8%a6%8b%ef%bc%81%ef%bc%81%ef%bc%92

%e5%88%9d%e5%bf%83%e8%80%85%e5%bf%85%e8%a6%8bx

初動の動きに悩まれている方は是非、こちらの動きを参考に一度、試してみて下さい。

パッティングストロークのポイント「低く長く」

皆様こんにちは、今回は前回に引き続きパッティングストロークについてです。

※ストロークのポイント

・フォローは低く長くヘッドを出す

パッティングもアプローチと同じで、パットでもフォローは低く長く出します。

ヘッドが早く上がることでトップになり、ヘッドが上から入るとインパクトでボールが跳ねてしまいます。

ヘッドの動きが悪くなると、距離・方向ともに合いません。

パターにもフェースのロフトが3~4度あるので、このロフトを正しく使って転がすには、低く長いフォローが絶対に必須となります。

(図を参照)

 

一度、図のような意識を持って練習してみて下さい。

%e3%83%91%e3%82%bf%e3%83%bc%ef%bc%88%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%89%e3%81%ae%e5%87%ba%e3%81%97%e6%96%b9%ef%bc%89

正しいパッティングストローク!!

皆様こんにちは、今回はパッティングストロークについてです。

パッティングのストロークは、スイングと同じで、パッティングも肩を水平に回す、横回転ではなく、肩を上下さす縦回転のイメージで動かし打つのが正しいストロークです。

テークバックでは、左肩が下がり、右肩が上がる。

インパクトからフォローにかけては、右肩が下がり、左肩が上がる。

このように動かすことにより、パターヘッドの軌道が適度なイン・サイド・インとなり、フェースの芯でボールを捉えることができます。

(図を参照)

 

一度、図のような意識で練習してみて下さい。

 

%e3%83%91%e3%83%83%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0%ef%bc%92

アプローチの精度を高めるインパクト!!

皆様こんにちは、今回はアプローチの精度を高める打ち方についてです。

インパクトからフォローにかけてのクラブヘッドの動きがとても大切です。

フォローにかけてクラブヘッドを低く保つことで、ボールをコントロールすることができます。

ポイントは左腕前腕部(肘下)を左に回し(外旋)、右腕前腕部(肘下)を左に回し(内旋)ながら打ちます。そうすると右腕が伸びてボールを押し出すことができるのでコントロールが良くなります。

手首を横に使う(腕と手首を分離させない)とクラブヘッドが跳ね上げられ、ダフリやトップといったミスが出やすくなります。

(図を参照)

一度、図のような意識で練習してみて下さい。

 

%e3%82%a2%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%81%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%91%e3%82%af%e3%83%88

 

ゴルフスイングは縦回転!!

皆様こんにちは、高雄ゴルフクラブの北原です。

 

今回は前回に続きテークバックについてですが、今回はテークバック時の初動におけるイメージ作りについてです。

スイングは横回転と思われている方が多いと思いますが、ゴルフスイングは横回転の運動ではなく縦回転の運動です。

 

テークバックでは、肩は縦方向に回転します。

よって、クラブを振り上げる動作は少し左肩が下がり、右肩が上がる動きとなります。(図を参照)

 

一度、図のようなイメージで練習してみて下さい。

 

%e5%9b%9e%e8%bb%a2